デジャ・ビュ

「ぁ、この風景どこかでみたことある」

「初めて会ったはずなのに、彼には昔あったことがある気がする・・・・」

 

などなど、そんな感覚を味わったことがある人も多いはず。

よく、小説や映画などでも「デジャ・ビュ」ってとりあげられますね。

このような体験、新しい状況を過去に経験したことがあると感じること、のことをデジャ・ビュ(既視感)と言います。

このような感覚を体験しても、いつ、どこで、過去に同じような体験をしたかは、明確にはできない。

心理学の世界では、この既視感のことを2種類に分けます。

 

精神病性のものと非精神病性のものがあります。

精神病性のものは、長期にわたって持続し、精神分裂症や夢幻状態などを伴う意識障害などです。

非精神病性のものは、既視体験は数秒間くらいしか持続せず、多くの人がよく体験するようなものです。

一般的にはデジャ・ヴュは一種の記憶錯誤と言われています。

例えば、 ディズニーランドに初めてきたとしたのに、なんだか前にも来たような感覚があるとすれば、

おそらく、他の遊園地での記憶が断片的に甦って、まるで前にもディズニーランドにあたかも来たような感覚がするのです。

または、テレビや他の画像、映像の記憶が断片的に記憶にのこり、時がたつなりして、それをあたかも自分が体験したかのように記憶され、

それを既視体験として感じるのです。

んでも、実は、はっきりとは「デジャ・ビュ」は解明されてません。

だから、もしかしたら前世の記憶かもしれないという、ロマンティック又は夢のある話なのかもしれません。(笑)

以上、「デジャ・ビュ」でした。(いいのかな、こんなシメかたして・・・・)

 

Home  もどる


女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス